「選択の種」DPCコーティング支援ソフト

会社概要

医療環境総研
「選択の種」お問い合わせ窓口
藤井将志
Mail:fujii@hms.or.jp

DPC情報

人気記事ランキング
1位厚労省DPC公開データ
2位DPCコーディングマニュアル(第1版)
3位DPC内保連指数
4位外保連手術指数8.2版の傾向
5位後発医薬品指数の特徴
6位CCPマトリックスとはなにか
7位DPCコーディングの流れ(九州医療センター)
8位平成26年度診療報酬改定の影響
9位DPCコーディングの流れ(岡山旭東病院)
10位DPCコーディングの流れ(北里大学病院)
11位DPCコーディングの流れ(細木病院)
12位「選択の種」期待できる効果
13位 導入病院の声「長野赤十字病院」
14位「選択の種」システムの概要
15位「選択の種」使用上の課題
16位「選択の種」開発のポイント
17位「選択の種」開発の背景
18位DPCコーディングの流れ(中村記念病院)

HOME > DPC情報 > 包括点数の影響度試算

平成26年度改定の包括点数影響度

「選択の種」をご契約いただいている医療機関(無償期間の施設も含む)へは、平成26年度診療報酬改定で新たに設けられた包括点数の影響を無料で試算しております。
貴院の症例数において改定の影響が診断群分類ごとにどのくらい影響したのか試算することができます。
無料で指数を算出していただきたい方はご連絡ください。 fujii@hms.or.jp


診療報酬改定で、2500程度ある診断群分類ごとに点数と日数の見直しが行われます。

自院の診断群分類ごとの症例数を新基準で計算しなおすと、包括点数の合計が導かれ、影響度(金額)をみることができます。

例えば、以下の表はある病院で試算した結果です。同院で改定の影響がプラスに大きい5つの診断群と、マイナスの5つの診断群を示しています。



<分析結果の活用方法>

・新規薬剤の分岐ができたことで点数が増減した
 ⇒新規の分岐に関わるコーディングを正確に行うよう、医事課もしくは医師に周知する

・在院日数が長くて点数が減少した
 ⇒対象の疾病を診る診療科と協議し、パスの短縮化や退院の促進について検討する

・副症病の分岐ができて点数が増減した
 ⇒「選択の種」のチェックシートなどを活用し、副傷病を間違えなく発信してもらう


このように、ピンポイントで効果的な改善施策を、各診療科にフィードバックして活用してください。

自院への影響が高い医薬品を調べられるデータを提供いたしますので、ご希望の施設はご依頼ください。
順次、選択の種の機能として追加する予定です。