「選択の種」DPCコーティング支援ソフト

会社概要

医療環境総研
「選択の種」お問い合わせ窓口
藤井将志
Mail:fujii@hms.or.jp

DPC情報

人気記事ランキング
1位厚労省DPC公開データ
2位DPCコーディングマニュアル(第1版)
3位DPC内保連指数
4位外保連手術指数8.2版の傾向
5位後発医薬品指数の特徴
6位CCPマトリックスとはなにか
7位DPCコーディングの流れ(九州医療センター)
8位平成26年度診療報酬改定の影響
9位DPCコーディングの流れ(岡山旭東病院)
10位DPCコーディングの流れ(北里大学病院)
11位DPCコーディングの流れ(細木病院)
12位「選択の種」期待できる効果
13位 導入病院の声「長野赤十字病院」
14位「選択の種」システムの概要
15位「選択の種」使用上の課題
16位「選択の種」開発のポイント
17位「選択の種」開発の背景
18位DPCコーディングの流れ(中村記念病院)

HOME > DPC情報 > 後発医薬品指数

後発医薬品指数の特徴

「選択の種」をご契約いただいている医療機関(無償期間の施設も含む)へは、平成26年度診療報酬改定で新規に導入される後発医薬品指数を無料で試算しております。
貴院の後発医薬品導入の比率がどのくらいなのか試算することができます。
無料で指数を算出していただきたい方はご連絡ください。 fujii@hms.or.jp


以下で算出できる指数が、平成25年4月5日に「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」で示された、後発品使用割合の60%を上限として評価されます。

各医療機関における入院医療で用いられる薬剤について

[後発医薬品の数量]/[後発医薬品のある先発医薬品の数量]+[後発医薬品の数量]

※数量とは、薬価基準告示上の規格単位ごとに数えた数量をいいます。

上記の算出式としたため
・金額インパクトが大きい薬だけを後発化しても数字は上がらない
・後発品の採用品目数だけ増やしても数字は上がらない
ようになっています。

自院への影響が高い医薬品を調べられるデータを提供いたしますので、ご希望の施設はご依頼ください。
順次、選択の種の機能として追加する予定です。