「選択の種」DPCコーティング支援ソフト

会社概要

医療環境総研
「選択の種」お問い合わせ窓口
藤井将志
Mail:fujii@hms.or.jp

DPC情報

人気記事ランキング
1位厚労省DPC公開データ
2位DPCコーディングマニュアル(第1版)
3位DPC内保連指数
4位外保連手術指数8.2版の傾向
5位後発医薬品指数の特徴
6位CCPマトリックスとはなにか
7位DPCコーディングの流れ(九州医療センター)
8位平成26年度診療報酬改定の影響
9位DPCコーディングの流れ(岡山旭東病院)
10位DPCコーディングの流れ(北里大学病院)
11位DPCコーディングの流れ(細木病院)
12位「選択の種」期待できる効果
13位 導入病院の声「長野赤十字病院」
14位「選択の種」システムの概要
15位「選択の種」使用上の課題
16位「選択の種」開発のポイント
17位「選択の種」開発の背景
18位DPCコーディングの流れ(中村記念病院)

HOME > DPC情報 > 「選択の種」使用上の課題

「選択の種」使用上の課題

選択の種はホームページから申し込みをいただければ、無料のお試し版が使用できます。

無料版も含めこれまで選択の種を使用していただいた医療機関の声をもとに、ソフトの課題もみえてきています。

一つ目は根幹となる機能である、チェックの精度向上です。

「この項目もチェックできないか」「こうした条件でチェックできないか」といった声を多くいただいており、既にそれらを反映させたものに5度のバージョンアップをしています。

今後も利用者の皆さんが使いやすいソフトへと改善を重ねていきたいと思っております。

二つ目は運用上の問題です。前項の「期待できる効果」の収益改善の報告で30万円程度しか改善しなかった事例を提示しました。

収益改善が目的のソフトではない、という点は理解していただいているのですが、やはり収益の改善もめざしたいものです。

同院の導入までの流れなどを確認したところ、医師への周知が足りないことがボトルネックとなっていました。

そこで、改めて医局会でレセプトに添付される用紙の説明を行い、現在は収益改善効果も上がってきています。

選択の種のホームページからユーザーページにいっていただければ、医局向けの説明で活用できる資料のサンプルが入手できますので、必要に応じてご活用ください。


※本原稿は医療アドミニストレーターに掲載された「選択の種」の記事より転載しています。