「選択の種」DPCコーティング支援ソフト

会社概要

医療環境総研
「選択の種」お問い合わせ窓口
藤井将志
Mail:fujii@hms.or.jp

DPC情報

人気記事ランキング
1位厚労省DPC公開データ
2位DPCコーディングマニュアル(第1版)
3位DPC内保連指数
4位外保連手術指数8.2版の傾向
5位後発医薬品指数の特徴
6位CCPマトリックスとはなにか
7位DPCコーディングの流れ(九州医療センター)
8位平成26年度診療報酬改定の影響
9位DPCコーディングの流れ(岡山旭東病院)
10位DPCコーディングの流れ(北里大学病院)
11位DPCコーディングの流れ(細木病院)
12位「選択の種」期待できる効果
13位 導入病院の声「長野赤十字病院」
14位「選択の種」システムの概要
15位「選択の種」使用上の課題
16位「選択の種」開発のポイント
17位「選択の種」開発の背景
18位DPCコーディングの流れ(中村記念病院)

HOME > DPC情報 > 「選択の種」開発のポイント

「選択の種」開発のポイント

選択の種を開発するに当たり重視したポイントは、①現状の算定に係る運用フローをできるだけ有効活用すること、②医師の負担を最小限に抑えつつ、本来あるべき医師による病名づけをサポートすること、の2点です。

①の「現状の算定に係る運用フローをできるだけ有効活用すること」については、新しいシステムを導入する際に必ずといって生じるのは、運用見直しの労力です。

ただでも忙しい医事課にとって、新たに運用を変えることはできるだけ避けたい、ということを感じていました。

そのため、既にある運用フローをできる限り活用し「そんな簡単にコーディングの適正化ができるんだ」という結果をめざしました。

ほとんどの医療機関で、少なくとも月初めのレセ期間中に、高額コメントなど医師にレセプトをチェックしてもらっています。

医療機関によっては1か月に複数回実施しているところもあるでしょう。

この運用フローを活用し、対象となるレセプトごとに1枚ずつ印刷される用紙を添付するだけで済む、という運用をモデルとしました。

つまり、毎月行う医師へのレセチェック時に、選択の種から印刷されるチェック用紙を追加するだけ、という手軽さで適正コーディングが実現するのです。

②の「医師の負担を最小限に抑えつつ、本来あるべき医師による病名づけをサポートすること」については、さらに課題となりました。

多忙極める医師に対し「適正なコーディングが必要なのでご協力を」と言ってもなかなか実施するのは難しいのが現状です。

DPC評価分科会で検討されている「DPC/PDPS コーディングマニュアル」においては、「入院患者に対する診断群分類区分の適用は、当該患者の傷病名、手術、処置等、副症病名等に基づき主治医が判断するもの」と示されています。

だからといって「医師がやらなければならないので、やりなさい」と言ったところで「診療で忙しいから、それは医事の仕事だ」と平行線をたどってしまうことでしょう。

そこで、全ての患者のうち、コーディングの見直しの可能性があるものを抽出し、1患者1用紙に候補病名を印刷する、という運用にたどり着きました。

医師はその用紙に書かれた候補病名から、対象患者が併存している病名があればチェックをするだけで済みます。

下記図のような用紙に、多くても数個の候補病名が印字されるので、それに丸をつけるだけです。

新たにソフトを立ち上げたり、病名を調べたりすることなく、定期的に医事課から送られてくる候補病名が印字された用紙を確認するのみです。

選択の種の印刷イメージ


※本原稿は医療アドミニストレーターに掲載された「選択の種」の記事より転載しています。